カネハツONLINE SHOP カネハツ食品のご購入はこちら

おせちの歴史

肴

いろどり百選

カネハツのサイト
  • カネハツ公式ページへ
  • カネハツ商品カタログ
  • 食卓のヒント
  • ごちそう食堂 具だくさんシリーズ
  • プロの方へ カネハツ業務用商品のご案内

鏡もちの由来

鏡もちは、各家にお迎えしている年神にお供えするためのものです。

鏡もちの丸い形は鏡を表現したものです。
もちを重ねることは魂を重ねることに通じ、その上に橙をのせて「だいだい(代々)」子孫が続きますようにという願いが込められているのです。

飾り方は、地方や家によって違いますが、基本的には、半紙を敷いた三方に、裏白と譲り葉などとともに、大小二つの丸餅を重ねて置き、橙をのせます。

昆布や伊勢海老、串柿、のし飾りなどをあしらったりもします。
裏白は長命、譲り葉には子孫繁栄、昆布には喜ぶ、干し柿には万物をかき集めるなど、それぞれにおめでたい意味があります。

この鏡餅は、床の間に飾るのが正式です。
現代では、玄関や部屋の棚などに置くことが多く、三方の代わりに塗り盆を使ってもよいでしょう。

なお、1月11日は、お供えした鏡もちを下げ、汁粉や雑煮にして食べる「鏡開きの日」です。
鏡開きは、お供えのお餅を食べることにより1年間の健康と開運を祈願する行事です。

実際にはお餅を「切る」わけですが、縁起を担いで開運の意味も込めて「開く」という言葉を使い、「鏡開き」と呼びます。

鏡餅

オススメおせちはこちら

  • 和風おせち
  • 単品おせち

ページ先頭に戻る