おせちの歴史

肴

いろどり百選

カネハツのサイト
  • カネハツ公式ページへ
  • カネハツ商品カタログ
  • 食卓のヒント
  • プロの方へ カネハツ業務用商品のご案内
  • 重詰おせち通販サイトオープン

お雑煮の由来

雑煮は、年神様に供えた餅などの食物を、煮て食べたことに由来すると言われています。
文字通り、いろいろな材料を一緒に煮たのですが、江戸時代以降、現在のような餅を主材料にしたものになったそうです。

元日から3日にかけては祝いの膳にお雑煮を添えますが、「食い上げる」といって毎日1個ずつもちの数を増やすと縁起がいいと伝えられています。

お雑煮は、もちの形や味付け、具など、地方や家庭によって様々な作り方があります。
ここでは最もオーソドックスな関東風と関西風のお雑煮を紹介します。

お雑煮

関東風お雑煮

切り餅を使用し、焼いてから汁に入れます。
すまし仕立ての汁で、基本の具は鶏肉と青菜です。
青菜を持ち上げて食べると、「名を上げる」として縁起をかつぎます。


関西風お雑煮

円満を意味することから丸もちを使用し、ゆでてから汁に入れます。
白みそ仕立ての汁で、基本の具は大根(輪に通じる)、親芋(ヤツガシラなど。人の頭になれるように)、水菜(名を成す)、花カツオ(勝つに通じる)などを入れます。

オススメおせちはこちら

  • 和風おせち
  • 単品おせち

ページ先頭に戻る