カネハツONLINE SHOP カネハツ食品のご購入はこちら

おせちを彩る

肴

いろどり百選

カネハツのサイト
  • カネハツ公式ページへ
  • カネハツ商品カタログ
  • おすすめレシピ
  • プロの方へ カネハツ業務用商品のご案内

おせちの詰め方

おせち料理の盛りつけは、関東風の「重詰」と関西風の「重盛り」の2種類に大別されます。
一般的には「重詰」が多く、カネハツの重詰おせちもこのスタイルです。
ここでは、単品おせち商品の盛りつけに最適な「重詰」の盛りつけを6例ご紹介します。

末広

末広

中心に一品を盛り、その周りを扇状に料理が囲む盛りつけです。

[献立]
中心には小鉢などを置き、黒豆やなますなどを盛りつけます。

隅切り

隅切り

中央には菱形状に一品を盛り、その周りには別の料理を盛りつけます。

[献立]
料理の品目が多い場合には、中央を仕切り複数の料理を盛りつけましょう。

市松

市松

お重を九つの正方形で均等に分け、お料理の色などを見ながら盛りつけます。

[献立]
中心部には福升や青竹筒などを置き、黒豆やなますなどを盛りつけます。

手綱

手綱

斜めに美しく詰めるのが「手綱」。ウマのくつわに取りつける綱をイメージしています。

[献立]
海老やかまぼこなど、色や形の明確なお料理を上手く盛りつけるのがポイント。

段取り

段取り

お重を横に仕切り、その列には同じお料理を均等に盛りつけます。

[献立]
沢山の素材が入る煮しめなどの盛りつけに適しています。

乱れ盛り

乱れ盛り

さまざまな献立をランダムに盛りつける形。にぎやかな印象に仕上げましょう。

[献立]
ニンジンや玉子など、彩りのきれいな食材を上手く散らすのがポイントです。

おせちのまめ知識はこちら

  • 和風おせち
  • 単品おせち

ページ先頭に戻る